中村国香(読み)なかむら くにか

  • 中村国香 (なかむらくにか)
  • 中村国香 なかむら-くにか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1710*-1769 江戸時代中期の儒者。
宝永6年12月9日生まれ。宇佐美灊水(しんすい)にまなぶ。安房(あわ)・上総(かずさ)(千葉県)の名所,旧跡,伝承をしらべ,地誌「房総志料」をあらわした。明和6年3月13日死去。61歳。上総出身。名は貞治,定治。字(あざな)は子蘭。通称は善右衛門,勝治郎。別号に蕙洲。著作はほかに「房総遊覧誌」「酒賦」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1710年12月9日
江戸時代中期の儒者
1769年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android