中村国香(読み)なかむら くにか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村国香 なかむら-くにか

1710*-1769 江戸時代中期の儒者。
宝永6年12月9日生まれ。宇佐美灊水(しんすい)にまなぶ。安房(あわ)・上総(かずさ)(千葉県)の名所,旧跡,伝承をしらべ,地誌「房総志料」をあらわした。明和6年3月13日死去。61歳。上総出身。名は貞治,定治。字(あざな)は子蘭。通称は善右衛門,勝治郎。別号に蕙洲。著作はほかに「房総遊覧誌」「酒賦」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

中村国香 (なかむらくにか)

生年月日:1710年12月9日
江戸時代中期の儒者
1769年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android