コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村奇輔 なかむら きすけ

2件 の用語解説(中村奇輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村奇輔 なかむら-きすけ

1825-1876 幕末の技術者。
文政8年生まれ。京都の人。広瀬元恭(げんきょう)の私塾時習堂で蘭学をまなび,佐賀藩の精錬方となる。嘉永6年長崎入港のロシア艦上で蒸気機関車の模型を見学。安政2年蒸気船や蒸気機関車の模型をつくり,4年には電信機の製作に成功した。明治9年死去。52歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村奇輔
なかむらきすけ
(1825―1876)

洋学者、佐賀藩の精錬方技術者。京都の人で、広瀬元恭(げんきょう)の時習堂で蘭学(らんがく)を学び、1853年(嘉永6)、同門の田中久重(ひさしげ)、石黒寛次(かんじ)(1824―1886)とともに佐賀藩精錬方に招かれ、同藩の理化学や西欧技術の導入に尽くした。中村が蘭書の図説を見て考案、これに石黒がさらに考究し、田中が製作するという形で研究が進められたという。電信機をつくり、蒸気船・蒸気車の模型も製作するなど、理化学的研究に従事した。第1回の長崎海軍伝習に参加した。化学実験中、奇禍にあい、10余年を廃人同様の身で送った。[菊池俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村奇輔の関連キーワードトレビシック技術者IIEテッキー杉山清次郎竹内類治立川知方中岡哲郎技術者生涯教育システム導入促進事業ABET

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone