コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精錬方 セイレンカタ

デジタル大辞泉の解説

せいれん‐かた【精錬方】

江戸幕府が文久元年(1861)に教育研究機関の蕃書調所に設置した化学部門。東京大学理学部化学科の前身。佐賀藩でも、嘉永5年(1852)に藩主鍋島直正が精錬方を設け、反射炉・大砲・蒸気機関などの研究・製造を行っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

精錬方
せいれんかた

幕末の佐賀藩に設置された理化学の研究・実験施設。1852年(嘉永5)、反射炉による大砲鋳造に必要な硝酸、硫酸、塩酸などについての知識を得る目的で、佐賀城の北にあった高岸村に開設。佐野常民(つねたみ)をはじめ広く技術者を集めて、蘭書(らんしょ)による火薬、弾丸の製造など軍事技術の研究のほか、ガラス、石炭、せっけん、写真機をつくり、のちには蒸汽船、蒸汽車の模型も試作、また1869年(明治2)にはここで藩政改革の「条綱書」も印刷された。[石塚裕道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

精錬方の関連キーワード佐賀県立佐賀城本丸歴史館アルミニウム工業亜鉛精錬業本島藤太夫宇都宮三郎神岡鉱山江戸幕府田中久重中村奇輔

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android