コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精錬方 セイレンカタ

2件 の用語解説(精錬方の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいれん‐かた【精錬方】

江戸幕府が文久元年(1861)に教育研究機関の蕃書調所に設置した化学部門。東京大学理学部化学科の前身。佐賀藩でも、嘉永5年(1852)に藩主鍋島直正が精錬方を設け、反射炉・大砲・蒸気機関などの研究・製造を行っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

精錬方
せいれんかた

幕末の佐賀藩に設置された理化学の研究・実験施設。1852年(嘉永5)、反射炉による大砲鋳造に必要な硝酸、硫酸、塩酸などについての知識を得る目的で、佐賀城の北にあった高岸村に開設。佐野常民(つねたみ)をはじめ広く技術者を集めて、蘭書(らんしょ)による火薬、弾丸の製造など軍事技術の研究のほか、ガラス、石炭、せっけん、写真機をつくり、のちには蒸汽船、蒸汽車の模型も試作、また1869年(明治2)にはここで藩政改革の「条綱書」も印刷された。[石塚裕道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精錬方の関連キーワード岡村琴仙児玉逸渕護得久朝曜教育科学文久永宝撒兵精得館真字二分判金等澍院山田清人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

精錬方の関連情報