中村宗十郎(1)(読み)なかむら そうじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村宗十郎(1) なかむら-そうじゅうろう

?-1748? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
伊勢(いせ)(三重県),尾張(おわり)(愛知県)などの旅芝居をへて,享保(きょうほう)5年大坂で中村宗十郎と名のり初舞台。6年江戸にいき中村四郎三郎と名のる。のち上方にかえり旧名にもどした。立役(たちやく),敵役(かたきやく),実悪(じつあく)をかねた。寛延元年?死去。俳名は大吉。通称は大吉宗十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android