コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田文三郎(初代) よしだ ぶんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田文三郎(初代) よしだ-ぶんざぶろう

?-1760 江戸時代中期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い,作者。
初代吉田三郎兵衛の子。大坂竹本座座頭(ざがしら)格となる。演出,からくりを工夫し,3人遣いの様式を完成する。竹本此太夫(このたゆう)(豊竹筑前少掾(ちくぜんのしょうじょう))と舞台演出をめぐり対立して此太夫を退座に追いやる。宝暦9年一門をひきいて竹本座を退座。吉田冠子(初代)の名で作者もかねた。宝暦10年1月19日死去。大坂出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田文三郎(初代)

没年:宝暦10(1760)
生年:生年不詳
江戸中期,人形浄瑠璃人形遣いの名手。上方の人。幼名八之助。吉田三郎兵衛の子。早くから父の薫陶を受け,享保2(1717)年「国性爺後日合戦」の錦舎役で初舞台,以後寛延期(1748~51)まで活躍,人形浄瑠璃全盛期の一翼を担った。三人遣い操法の完成者とみなされ,「蘆屋道満大内鑑」の葛の葉,保名,奴与勘平,「義経千本桜」の狐忠信,「仮名手本忠臣蔵」の由良之助など,今日の舞台に残る名作中の重要な役柄の人形を,立役,女形を問わず次々と遣い,その技は「人形が生きて働きます」と評された。才気にあふれ,人形の衣裳や舞台演出にも現在に引き継がれている優れた型を種々残した。座本や太夫と衝突することも多く,寛延1(1748)年の「仮名手本忠臣蔵」初演時には初代竹本此太夫が退座し,豊竹座の太夫と入れ替わるような騒動まで引き起こし,竹本座の西風,豊竹座の東風という両座の太夫の芸風が混交するもととなった。前後5回竹本座からの独立を企て,5度目に退座したが一座を建てることなく没した。「冠子」の名で作者の列にも加わった。名跡は3代まで続く。<参考文献>4代目竹田近江『倒冠雑誌』(『日本庶民文化史料集成』7巻),石割松太郎『近世演劇雑考』,『義太夫年表/近世篇1』

(平田澄子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

吉田文三郎(初代)の関連キーワード吉田三郎兵衛(2代)吉田三郎兵衛(初代)吉田文三郎(3代)吉田辰五郎(初代)吉田文三郎(2代)豊竹此太夫(1世)吉田文三郎(2世)竹田出雲(2代)吉田才治(初代)吉田文吾(3代)吉田冠蔵(初代)竹田出雲(初代)吉田文吾(2代)吉田新吾(初代)吉田文吾(初代)吉田冠子(2代)菅原伝授手習鑑恋女房染分手綱鬼一法眼三略巻人形浄瑠璃芝居

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android