コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロプシュトック クロプシュトック Klopstock, Friedrich Gottlieb

5件 の用語解説(クロプシュトックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロプシュトック
クロプシュトック
Klopstock, Friedrich Gottlieb

[生]1724.7.2. ザクセンクウェドリンブルク
[没]1803.3.14. ハンブルク
ドイツの詩人。当時支配的であった合理主義的な啓蒙文学に対抗して,敬虔主義に根ざした感情あふれる作品を書いた。特に 1748年に有力雑誌『ブレーマー・バイトレーゲ (ブレーメン寄与) 』に叙事詩救世主』 Der Messias (1748~73) の一部を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クロプシュトック(Friedrich Gottlieb Klopstock)

[1724~1803]ドイツの詩人。ドイツ近代詩の祖とされる。作「メシーアス」「春の祝い」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クロプシュトック

ドイツの詩人。デンマーク王の招きで長くコペンハーゲンに住んだ。長編叙事詩《救世主》(1748年―1773年)などでギリシア風の詩形と自由韻律詩を試み近代文学への道を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クロプシュトック【Friedrich Gottlieb Klopstock】

1724‐1803
ドイツの詩人。クウェートリンブルクに生まれ,大学では神学を学んだが,在学中ライプチヒブレーメン寄与派に加わり,1748年雑誌《ブレーメン寄与》に《救世主》の最初の3章を発表した。これによって一躍有名になり,51年デンマーク王に招かれてコペンハーゲンに住み,以後詩人として創作に専念した。その分野は戯曲にも及び,宗教劇やヘルマン三部作などの英雄劇もあるが,本領は詩にあった。とくに,ギリシアの詩形を用いてキリストの受難と復活と昇天を敬虔主義的な心情でうたいあげた宗教的叙事詩《救世主》(1748‐73)は,合理主義的な風潮に支配された当時の文学に大きな影響を与え,シュトゥルム・ウント・ドラングをはじめ後の主観性の文学を準備することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロプシュトック
くろぷしゅとっく
Friedrich Gottlieb Klopstock
(1724―1803)

ドイツの詩人。プロイセンのクベドリンブルクに生まれ、イエナライプツィヒの両大学で神学を学んだ。文学雑誌『ブレーメン寄稿』に参加して、1748年宗教的な大叙事詩『救世主(メシーアス)』の第3歌までを発表し、世の熱狂的な賞賛を博した。それは当時のドイツ文学において支配的だった啓蒙(けいもう)思想やフランス風の詩法に対する、音楽的、感傷主義的、敬虔(けいけん)主義的な感情の高揚であり、革新であった。彼は古代ギリシアの詩形をドイツ語の抑揚のなかへ移し変え、語法を大胆に改革して数々のオーデ(頌歌(しょうか))をつくり、さらに進んで『春の祝い』(1759)を頂点とする自由律の頌歌の創造に成功し、ドイツ近代文学における最初の国民詩人の地位を占めた。その文学的成功と安楽な生活は、その後の彼からかえって成長の意欲を奪い、『救世主』の続稿も価値高いものとはいえない。しかし古代との遭遇(そうぐう)や、感受力の強烈さという点だけでも、ゲーテ、ミラーの詩的出発は、クロプシュトックなしには考えられないし、とくにヘルダーリンが詩法的、感情的に彼に負うところは大きかった。彼はこうしてドイツ近代詩の祖とともに、その影響は遠くリルケにまで及んでいる。[生野幸吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクロプシュトックの言及

【デンマーク】より

…18世紀中期までのデンマーク文学は概してフランス的,次いでイギリス的色彩を帯びていったと言えよう。これに対して,ドイツ敬虔主義詩人クロプシュトックが国王に招かれて約20年間(1751‐70)コペンハーゲンに滞在したことは,その後のデンマーク文学をドイツの模倣へと向かわせた。この変換の過渡期となる18世紀後半を代表する文人にエーバルJohannes Ewald(1743‐81)がおり,彼はフランス古典主義の作法に従いながらも,クロプシュトックからの示唆を受けて,古代北欧悲劇を書いた(1773年作《バルドルの死》はデンマーク文学初の本格的歌劇)。…

【ドイツ文学】より


[自然への帰依と合理性]
 18世紀にはいり,宗教の束縛がゆるむにともなって,一方では合理的な思惟による生活規範の見直しが行われ,他方では自由な感情の飛翔による自然への帰依が生ずる。教訓的な寓話は前者を,田園詩は後者を表現するジャンルとして好んで用いられるが,クロプシュトックが古代ギリシアの無韻の詩形式をドイツ詩に移植することに成功し,それ以後は,抒情詩自体が自然の息吹を直接表現しうるものとして尊重された。演劇は,ゴットシェートがイエズス会演劇の宗教色をぬぐいさる浄化運動を起こして以来,合理的な思想の表現に適するものと考えられていたが,レッシングはさらに劇場こそ〈精神界の学校〉と主張し,市民劇によって時代の問題を明示するところまで進んだ。…

※「クロプシュトック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クロプシュトックの関連キーワードウェーバクウェートリンブルクシェースブルクシュウェーリンマリエンブルク城リンブルガーレーウェンブルク城エーデンブルククウェートタワーハンブルク・バレエ団

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone