コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村宗十郎 なかむらそうじゅうろう

4件 の用語解説(中村宗十郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村宗十郎
なかむらそうじゅうろう

[生]天保6(1835).尾張
[没]1889.10.8.
歌舞伎俳優。本名藤井重兵衛。屋号末広屋。嵐亀蔵,歌女蔵,三桝源之助を名のったが,慶応1 (1865) 年中村宗十郎と改名。地方の小芝居で有名となり,1873年東上し好評を得,75年帰阪して中の芝居の座頭をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村宗十郎

没年:明治22.10.8(1889)
生年:天保6(1835)
幕末明治期の歌舞伎役者。本名藤井重兵衛。俳名霞仙。屋号末広屋。尾張熱田生まれ。17歳ごろ嵐亀蔵の名で芝居の道へ入る。のち中村歌女蔵。上坂して宮地の中芝居に出,4代目三枡大五郎の女婿となり,3代目三枡源之助を名乗ったが,慶応1(1865)年不縁となり名跡を戻し,中村宗十郎と改名した。以後明治初年にかけてめきめき腕を上げ,「花雪恋手鑑」(「乳貰い」)の四郎次郎や「心中天網島」(「のべの書置」)の紙屋治兵衛で大当たりをとり,初代実川延若と激しく人気を争った。明治6(1873)年東上して好評を得,同8年帰阪。翌年劇壇の改革案を他の役者に示して容れられず,一旦は役者を廃業。しかし同10年12代目守田勘弥に乞われて上京し,新富座に出て団菊左に一歩も譲らぬ名演を見せた。しかし9代目市川団十郎の活歴趣味と相容れず,4年後帰阪。以後道頓堀の座頭として重きをなした。新時代の俳優として見識すぐれ,その和事も技巧より真実の表現をめざした。晩年に力を入れた演劇改良運動も頓座はしたが,角藤定憲,川上音二郎らの新派に大きな影響を与えた。なお,上方には享保・元文期(1716~41)にも中村宗十郎と名乗る立役がいたが別系である。

(青木繁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらそうじゅうろう【中村宗十郎】

(1)江戸中期の歌舞伎俳優。生没年不詳。1720年(享保5)大坂竹嶋幸左衛門座で初舞台。次の年江戸に下って中村四郎三郎と称するが1年で帰り,43年(寛保3)まで大坂で活躍した立役。実悪も兼ねた。(2)幕末・明治の歌舞伎俳優。本名藤井重兵衛(1835‐89∥天保6‐明治22)。俳名千昇,霞仙。屋号末広屋。(1)とは無関係。尾張熱田富江町に生まれ,幼時から遊芸の稽古に励み,17,18歳で役者を志して田舎回りの嵐亀太郎の弟子となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村宗十郎
なかむらそうじゅうろう
(1835―1889)

歌舞伎(かぶき)俳優。本名藤井重兵衛。屋号末広屋。俳名霞仙(かせん)。名古屋生まれ。17、8歳のころ歌舞伎俳優になろうと志し、田舎(いなか)回りの旅役者から出発して修業のすえ、実力が認められて、やがて明治期の京阪劇壇の重鎮にまで出世した立志伝中の名優。嵐亀蔵(あらしかめぞう)、中村歌女蔵(かめぞう)、三枡(みます)源之助(3世)を経て、1865年(慶応1)中村宗十郎と改名。東京の9世市川団十郎に対して、関西における演劇改良運動を実践した。団十郎の「活歴(かつれき)」などのような急進主義をとらず、漸進主義を唱え、劇場内外の慣習の近代化にも力を注いだ。写実的な芸風で、和実(わじつ)を得意とし、立役(たちやく)のほか敵(かたき)役、女方(おんながた)、老(ふけ)役をも兼ねた。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村宗十郎の関連キーワード藤井重門歌舞伎役者市川団蔵(7代)戎屋吉郎兵衛坂田重兵衛(初代)坂田重兵衛(2代)坂田重兵衛(3代)段助中村霞仙(2代)中村宗十郎(2)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone