コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村彰彦 ナカムラアキヒコ

2件 の用語解説(中村彰彦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なかむら‐あきひこ【中村彰彦】

[1949~ ]小説家。栃木の生まれ。本名、加藤保栄(やすえい)。幕末・維新に生きる群像に題材をとった小説を執筆する。「二つの山河」で直木賞受賞。他に「明治新選組」「五左衛門坂の敵討(かたきうち)」「落花は枝に還らずとも」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村彰彦 なかむら-あきひこ

1949- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和24年6月23日生まれ。48年文芸春秋社に入社。62年「明治新選組」でエンタテイメント小説大賞をうけ,平成3年作家生活にはいる。5年「五左衛門坂の敵討」で中山義秀(ぎしゅう)文学賞,6年「二つの山河」で直木賞,17年「落花は枝に還らずとも―会津藩士・秋月悌次郎」で新田次郎賞。幕末維新期の群像をえがいた作品がおおい。栃木県出身。東北大卒。本名は加藤保栄(やすえい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村彰彦の関連キーワード赤江瀑芦原すなお阿部牧郎重兼芳子三田誠広阿部陽一石和鷹稲見一良広瀬仁紀森詠

中村彰彦の関連情報