コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村翫雀(2代) なかむら かんじゃく

1件 の用語解説(中村翫雀(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村翫雀(2代) なかむら-かんじゃく

1834-1861 江戸時代後期の歌舞伎役者。
天保(てんぽう)5年生まれ。江戸市村座で初舞台をふみ,のち上方にいく。4代中村歌右衛門の養子となり,嘉永(かえい)6年2代を襲名。容姿にすぐれ所作事(しょさごと)・和事(わごと)を得意とし,立役(たちやく),女方,敵役(かたきやく)をかねた。万延2年1月7日死去。28歳。江戸出身。初名は市村市蔵。俳名は芝賞。屋号は成駒屋

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村翫雀(2代)の関連キーワード炭酸塩岩脈文久葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑飯降伊蔵入江文郎宇都宮三郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone