コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村翫雀(3代) なかむら かんじゃく

1件 の用語解説(中村翫雀(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村翫雀(3代) なかむら-かんじゃく

1841-1881 幕末-明治時代の歌舞伎役者。
天保(てんぽう)12年生まれ。初代中村鴈治郎(がんじろう)の父。初代嵐璃珏(あらし-りかく)の門弟で,のち4代中村歌右衛門(うたえもん)の養子となる。文久3年3代翫雀を襲名。初代実川(じつかわ)延若,中村宗十郎とともに大阪の三巨頭と称され,和事(わごと)と年増役を得意とした。明治14年2月3日死去。41歳。山城(京都府)出身。初名は嵐珏蔵。俳名は芝賞。屋号は成駒屋

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村翫雀(3代)の関連キーワード天保の改革アレクサンドルアレクサンドルブラジル文学ウィリアムHハリソン田代毅軒名見崎徳治(3代)スピロサイトギド・ブルー藤本清兵衛(初代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone