コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村黒水 なかむら こくすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村黒水 なかむら-こくすい

1820-1884 幕末-明治時代の儒者。
文政3年6月2日生まれ。中村中倧(ちゅうそう)の子。中村弥六の父。弘化(こうか)2年父の跡をついで信濃(しなの)(長野県)高遠(たかとお)藩につかえる。昌平黌(しょうへいこう)で林復斎にまなび塾頭となった。万延元年,創設された藩校進徳館の教授。維新後,松本に開智学校をひらいた。明治17年4月30日死去。65歳。名は元起。字(あざな)は喜卿。通称は忠蔵。著作に「経書考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村黒水の関連キーワード安東 貞美中村元起

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android