コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中根市之丞 なかねいちのじょう

防府市歴史用語集の解説

中根市之丞

1863年(文久3年)幕府の門責使[もんぜきし]として長州藩に派遣されました。一行は小郡の旅館で襲われ、藩が手配した船で江戸へ戻ろうとしましたが、中関沖で暗殺されました。彼らの墓が中関の海岸に建てられています。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中根市之丞 なかね-いちのじょう

1836-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)7年生まれ。幕臣。文久3年幕府の正使として,長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の外国船砲撃の責任をとうため,下関に派遣される。周防(すおう)(山口県)室津(むろつ)で萩藩兵に拘禁され,同年8月21日に殺された。28歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中根市之丞の関連キーワード武士幕末天保

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android