中江岷山(読み)なかえ みんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中江岷山 なかえ-みんざん

1655-1726 江戸時代前期-中期の儒者。
明暦元年生まれ。京都で伊藤仁斎にまなぶ。宝永(1704-11)のころ大坂で子弟を教育した。古学を信奉し朱子学浅見絅斎(けいさい)や三宅尚斎(みやけ-しょうさい)らと対立。詩歌は政治の役にはたたないと生涯つくらなかった。享保(きょうほう)11年6月10日死去。72歳。伊賀(いが)(三重県)出身。名は一貫。字(あざな)は平八。別号に快安。号は「びんざん」ともよむ。著作に「理気弁論」「四書弁論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android