コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中沢良夫 ナカザワヨシオ

デジタル大辞泉の解説

なかざわ‐よしお〔なかざはよしを〕【中沢良夫】

[1883~1966]応用化学者。東京の生まれ。京都帝大教授、京都工芸繊維大学長を歴任。全国中等学校野球大会の創設に尽力し、昭和23年(1948)全国高等学校野球連盟の会長に就任。高校野球の発展に寄与

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中沢良夫 なかざわ-よしお

1883-1966 明治-昭和時代の応用化学者,野球功労者。
明治16年9月19日生まれ。中沢岩太の長男。九州帝大,京都帝大の教授,京都工芸繊維大学長を歴任。大正4年からの全国中等学校野球大会創設につくし,昭和23年全国高校野球連盟初代会長。昭和41年8月28日死去。82歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「炭化石炭の工業的製造」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中沢良夫の関連キーワード昭和時代明治中沢

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android