コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中田横穴 なかだよこあな

世界大百科事典 第2版の解説

なかだよこあな【中田横穴】

福島県いわき市平沼ノ内中田に所在する古墳時代後期の6世紀末に形成された彩色壁画を有する装飾横穴墓(史)。1969年,道路改良工事中に発見された。丘陵北面の凝灰質砂泥岩にうがたれているが,複室構造を有する特殊な形態で,全長6.67mを測る。前室後室に比べて小さく,平面形は方形を呈し,天井もドーム形となり,その高さは2.28mを有する。彩色画は後室の周壁に描出され,モティーフは二等辺三角形を連係化した連続三角文で統一されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

なかだよこあな【中田横穴】


福島県いわき市平沼ノ内にある横穴装飾古墳。夏井川河口の南約5km、砂質凝灰岩丘陵の北斜面に位置する。1969年(昭和44)、県道の工事中に発見され、1970年(昭和45)、国指定史跡となった。5基の横穴が3段に並列しており、最下段の横穴が、複室の装飾壁画をもっている。後室の壁面に赤、白で三角文が描かれている。床面の全体が赤く彩色され、稀有な例として注目されている。横穴から玉類、直刀挂甲(けいこう)片、金環、金銅製雲珠、銅釧(どうくしろ)、馬鈴、金銅製大馬鈴、鈴杏葉(すずきょうよう)、紡錘車、珠文鏡(しゅもんきょう)、銅製容器蓋、須恵器(すえき)など、きわめて豊富な遺物が出土している。JR常磐線ほかいわき駅から車で約20分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中田横穴
なかだよこあな

福島県いわき市平(たいら)沼ノ内にある六基からなる古墳時代の横穴墓。1号横穴墓は装飾横穴として重要。
 1969年(昭和44)発掘調査が行われた。複室構造で、奥の玄室壁面に、連続三角文が主として朱で描かれている。奥壁には白も使用している。珠文鏡、金銅製大馬鈴、青銅製鈴杏葉(すずぎょうよう)などの馬具類、金銅装大刀(たち)片、銀象眼(ぎんぞうがん)円頭大刀、鉄鉾(てつほこ)などの武器類、硬玉製勾玉(まがたま)、青銅製釧(くしろ)などの装身具などが多量に出土し、横穴の副葬品は貧弱だという通念を覆した調査となった。6世紀末の横穴である。70年国史跡に指定され、保存施設も完備している。月1回公開されるので、見学は可能である。[渡邊一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中田横穴の関連キーワードいわき市考古資料館いわき(市)円頭大刀珠文鏡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android