コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中田横穴 なかだよこあな

3件 の用語解説(中田横穴の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なかだよこあな【中田横穴】

福島県いわき市平沼ノ内中田に所在する古墳時代後期の6世紀末に形成された彩色壁画を有する装飾横穴墓(史)。1969年,道路改良工事中に発見された。丘陵北面の凝灰質砂泥岩にうがたれているが,複室構造を有する特殊な形態で,全長6.67mを測る。前室は後室に比べて小さく,平面形は方形を呈し,天井もドーム形となり,その高さは2.28mを有する。彩色画は後室の周壁に描出され,モティーフ二等辺三角形を連係化した連続三角文で統一されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

なかだよこあな【中田横穴】


福島県いわき市平沼ノ内にある横穴装飾古墳夏井川河口の南約5km、砂質凝灰岩丘陵の北斜面に位置する。1969年(昭和44)、県道の工事中に発見され、1970年(昭和45)、国指定史跡となった。5基の横穴が3段に並列しており、最下段の横穴が、複室の装飾壁画をもっている。後室の壁面に赤、白で三角文が描かれている。床面の全体が赤く彩色され、稀有な例として注目されている。横穴から玉類、直刀、挂甲(けいこう)片、金環、金銅製雲珠、銅釧(どうくしろ)、馬鈴、金銅製大馬鈴、鈴杏葉(すずきょうよう)、紡錘車、珠文鏡(しゅもんきょう)、銅製容器蓋、須恵器(すえき)など、きわめて豊富な遺物が出土している。JR常磐線ほかいわき駅から車で約20分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中田横穴
なかだよこあな

福島県いわき市平(たいら)沼ノ内にある六基からなる古墳時代の横穴墓。1号横穴墓は装飾横穴として重要。
 1969年(昭和44)発掘調査が行われた。複室構造で、奥の玄室壁面に、連続三角文が主として朱で描かれている。奥壁には白も使用している。珠文鏡、金銅製大馬鈴、青銅製鈴杏葉(すずぎょうよう)などの馬具類、金銅装大刀(たち)片、銀象眼(ぎんぞうがん)円頭大刀、鉄鉾(てつほこ)などの武器類、硬玉製勾玉(まがたま)、青銅製釧(くしろ)などの装身具などが多量に出土し、横穴の副葬品は貧弱だという通念を覆した調査となった。6世紀末の横穴である。70年国史跡に指定され、保存施設も完備している。月1回公開されるので、見学は可能である。[渡邊一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中田横穴の関連キーワード福島県いわき市平赤井福島県いわき市平下高久福島県いわき市平菅波福島県いわき市平沼ノ内福島県いわき市平沼ノ内諏訪原福島県いわき市平藤間福島県いわき市平幕ノ内福島県いわき市平山崎福島県いわき市平四ツ波福島県いわき市平成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中田横穴の関連情報