コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井慶松 いまいけいしょう

7件 の用語解説(今井慶松の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今井慶松
いまいけいしょう

[生]明治4(1871).3.25. 横浜
[没]1947.7.21. 東京
山田流箏曲家。本名新太郎。幼時失明,14歳で上京,3世山勢松韻に師事。 1898年東京音楽学校教授,1942年帝国芸術院会員。日本三曲協会会長。山田流箏曲協会会長。作品は処女作『御代の春』はじめ『四季の調べ』など多数あり,技巧派の演奏家としても有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いまい‐けいしょう〔いまゐ‐〕【今井慶松】

[1871~1947]山田流箏曲(そうきょく)家。神奈川の生まれ。4歳で失明し、山勢松韻に師事。芸術院会員。作曲に「御代万歳」「鶴寿千歳」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

今井慶松【いまいけいしょう】

山田流箏曲家。横浜生れ。本名新太郎。4歳で失明。3代山勢松韻に師事。技巧派の演奏家として知られ,戦前の東京の箏曲界を代表した。1902年東京音楽学校教授。1942年芸術院会員

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井慶松 いまい-けいしょう

1871-1947 明治-昭和時代の箏曲(そうきょく)家。
明治4年3月25日生まれ。4歳で失明。山田流箏曲の3代山勢松韻に師事。明治35年東京音楽学校(現東京芸大)教授となる。昭和15年日本三曲協会初代会長。17年芸術院会員。箏曲の技巧をきわめた「新晒(しんざらし)」などの演奏で知られる。昭和22年7月21日死去。77歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。本名は新太郎。作品に「四季の調」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いまいけいしょう【今井慶松】

1871‐1947(明治4‐昭和22)
山田流の盲人箏曲家。横浜生れ。本名新太郎。3世山勢松韻に師事。1902年東京音楽学校教授。42年芸術院会員。技巧派の演奏家として有名で,作品は《四季の調》《御代万歳》《鶴寿千歳(かくじゆせんざい)》など50曲余。自伝《松の吹き寄せ》(1939)がある。門下に妻の久仁子,娘の慶子(中能島欣一の妻)のほか,伊藤松超など逸材が多い。【久保田 敏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いまいけいしょう【今井慶松】

1871~1947) 山田流箏曲家。神奈川県生まれ。「新ざらし」「四季の調べ」など作曲多数。東京音楽学校教授・芸術院会員。著書「松の吹き寄せ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今井慶松
いまいけいしょう
(1871―1947)

山田流箏曲(そうきょく)家。本名新太郎。横浜生まれ。4歳で失明。9歳で箏曲入門。14歳で上京し初世山勢松韻(やませしょういん)(山勢派3代目)に師事し、23歳で慶松と称する。27歳で東京音楽学校助教授、31歳で教授となり、61歳で退職するまで長く後進の指導にあたった。1942年(昭和17)芸術院会員となる。日本三曲協会会長、山田流箏曲協会会長などを務めた。技巧派の演奏家として知られ、『新晒(しんざらし)』の演奏はとくに有名。作品は『御代万歳(みよまんざい)』『鶴寿千歳(かくじゅせんざい)』など古典的手法のもの50余曲あるが、すでに明治期に、純器楽曲の『四季の調(しらべ)』もある。[平山けい子]
『藤田俊一著『今井慶松芸談』(1959・日本音楽社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の今井慶松の言及

【山勢派】より

…なお,86年から訓盲啞院(後の東京盲啞学校,現在の筑波大学附属盲学校)をも兼務。門下には,初世萩岡松韻今井慶松のほか,女流演奏家も数多く輩出。作品には,前記《都の春》のほか《朧月》(1874),《花の雲》(1880),《松島八景》(1892),《四季の友》《新年》などがある。…

※「今井慶松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今井慶松の関連キーワード伊藤松超大月忠道大湾ユキ菊田歌雄(初代)高野茂高橋栄清(初代)高橋栄清(2代)仲里陽史子村井れい八重村検校

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone