コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣祐臣 なかとみの すけおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣祐臣 なかとみの-すけおみ

1275-1342 鎌倉-南北朝時代の神職,歌人。
建治元年生まれ。中臣祐春(すけはる)の長男。正和2年奈良の春日(かすが)若宮神社の神主となる。和歌をよくし,歌は「新後撰(ごせん)和歌集」「玉葉和歌集」などにある。康永元=興国3年11月22日死去。68歳。著作に「春日神主祐臣記」,家集に「自葉和歌集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中臣祐臣の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android