コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象先文岑 ぞうせん もんしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

象先文岑 ぞうせん-もんしん

1275-1342 鎌倉-南北朝時代の僧。
建治(けんじ)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。桃渓徳悟(とうけい-とくご)に師事し,その法をつぐ。鎌倉寿福寺の住持をつとめた。康永元=興国3年10月8日死去。68歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。号は象外

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

象先文岑の関連キーワード南北朝時代文岑建治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android