コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天児屋命/天児屋根命 アマノコヤネノミコト

百科事典マイペディアの解説

天児屋命【あめのこやねのみこと】

日本神話の神。中臣(なかとみ)・藤原氏の遠祖。天照大神天の岩屋戸に隠れたとき,祝詞(のりと)を奏してその出現を請うた。これより中臣氏は,斎部(いんべ)氏とともに朝廷の祭祀(さいし)職を世襲した。
→関連項目枚岡神社

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天児屋命 あめのこやねのみこと

記・紀にみえる神。
天照大神(あまてらすおおみかみ)を天の岩戸からさそいだすため,祝詞(のりと)をあげ神事をおこなったという。天孫降臨の際,五部神(いつとものおのかみ)の一神としてしたがう。中臣(なかとみ)氏の祖先神。春日(かすが)大社,枚岡(ひらおか)神社などの祭神。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

天児屋命

中臣氏の祖神。中臣氏は古代に宮廷の祭祀を司り,主に祝詞を唱える役目を受け持った。コヤネのネは接尾語,コヤは言綾の意で,綾なすうるわしいことばで祝詞を唱えることによる。『古事記』や『日本書紀』の神話で,天の石戸にこもった天照大神(アマテラスオオミカミ)を呼びもどすために,神意を問う占いをしたり祝詞を唱えた。また天孫降臨にさいしては,布刀玉(太玉)命や天鈿女命などと共に,瓊瓊杵尊の天降りに随行した。アマテラスとその子孫を祭る神事の中枢で活躍するが,これは中臣氏,および中臣氏から分かれた藤原氏の強大な権力を反映したもの。枚岡神社(東大阪市)と春日大社(奈良市)に祭られている。

(西條勉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あめのこやねのみこと【天児屋命】

日本神話にみえる神の名。記紀神話に登場する。中臣(なかとみ)氏の祖神。天(あま)の岩屋戸の神話では,うるわしき称辞を読み上げて天照大神(あまてらすおおかみ)を引き出すことに成功し,天孫降臨神話では天孫に随行した。名義については〈言綾根(ことあやね)〉の意とする一説がある。美しい言葉すなわち祝詞の奏上が役目だからである。そこには宮廷祭祀を主掌した中臣氏の職掌の反映がある。後には藤原氏の祖神として,枚岡(ひらおか),春日(かすが),大原野の諸神社に祭られた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あまのこやねのみこと【天児屋命】

記紀神話の神。天照大神あまてらすおおみかみが天の岩屋に隠れた時、その前で太玉命ふとたまのみこととともに祭祀さいしを行なった。天孫降臨に従う。宮廷の祭祀をつかさどった中臣なかとみ・藤原氏の祖神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天児屋命
あめのこやねのみこと

天岩戸(あめのいわと)神話のなかに登場する神。中臣(なかとみ)氏の祖神。天岩戸にこもった天照大神(あまてらすおおみかみ)を引き出すために、神々が神事を行った際、祝詞(のりと)を奏している(『古事記』)。しかし、天岩戸神話の基盤に鎮魂祭があるとすれば、本来この神事をつかさどっていたのは猿女君(さるめのきみ)とすべきである。そこへこの神が登場したり、さらには神事の主宰者のようになっているのは(『日本書紀』一書)、中臣氏が藤原氏になり、その藤原氏の政治的権力が増大するにつれて、この神が割り込んできたとみるべきである。春日(かすが)大社(奈良市)、枚岡(ひらおか)神社(東大阪市)などに祀(まつ)られている。[守屋俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天児屋命/天児屋根命の言及

【天の岩屋戸】より

天照大神(あまてらすおおかみ)が高天原(たかまがはら)での素戔嗚尊(すさのおのみこと)の乱行にたまりかね天の岩屋戸にこもると世は常闇(とこやみ)となった。神々は集まって評議し,中臣(なかとみ)氏の祖天児屋命(あめのこやねのみこと),忌部(いんべ)氏の祖太玉命(ふとたまのみこと)などに祭りを行わせた。そのとき猿女(さるめ)氏の祖天鈿女命(あめのうずめのみこと)が槽(おけ)をふみとどろかし神憑(かみがか)りして,胸乳もあらわに踊り狂ったので神々は大いに笑った。…

【中臣氏】より

…仍ってその氏に命じて中臣と曰へり〉とあるように,天皇側近の神官として神託を伝えるという職掌による呼称であろう。祖神は天の岩戸や天孫降臨の記紀神話に登場し,春日神社などにまつられる天児屋(あめのこやね)命。遠祖として垂仁朝に大鹿嶋(おおかしま),仲哀朝や允恭朝に烏賊津(いかつ)の名が《日本書紀》にみえ,欽明朝では鎌子(後の鎌子とは別人),敏達・用明朝では勝海(かつみ)が大連の物部氏とともに仏教受容に反対し,勝海は大臣の蘇我氏らに討たれたという。…

※「天児屋命/天児屋根命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天児屋命/天児屋根命の関連キーワード五伴緒神・五部神日本神話の神々五伴緒神中臣鎌子天太玉命四所明神天種子命愚管抄斎部氏遠つ祖太玉命石凝姥卜部氏氏神岩屋神籬