中西信慶(読み)なかにし のぶよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中西信慶 なかにし-のぶよし

1631-1699 江戸時代前期の国学者,神職。
寛永8年生まれ。伊勢神宮外宮(げくう)禰宜(ねぎ)。神学,歌道に精通し,大坂の契沖(けいちゅう)と親交があった。神宮文庫の古書には信慶が手写したものがおおい。元禄(げんろく)12年1月17日死去。69歳。伊勢(三重県)出身。初名は信吉。通称は清太夫,易右衛門。著作に「神境雑話」「倭姫命(やまとひめのみこと)世記鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android