コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神宮文庫 じんぐうぶんこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神宮文庫
じんぐうぶんこ

伊勢神宮付属の図書館。伊勢市倉田山にある。神宮の旧記をはじめ神祇文学,歴史,法制などの書籍約 24万冊を所蔵。 1873年創設,1906年現在名に改称

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

神宮文庫【じんぐうぶんこ】

伊勢市にある伊勢神宮付属の図書館。起源は奈良時代にさかのぼるが,現在のものは,伊勢内宮の林崎文庫(江戸初期創設)の蔵書を基礎に1873年創設された。1906年以降神宮文庫と称し,1911年外宮の豊宮崎文庫(江戸初期創設)を合わせ,1925年書庫,閲覧室などを新築。
→関連項目発心集

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じんぐうぶんこ【神宮文庫】

伊勢神宮司庁所管の図書館。内宮・外宮所蔵の古記録および図書に林崎文庫その他を合わせ、蔵書数二四万余。国史・国文の貴重資料も多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神宮文庫
じんぐうぶんこ

伊勢(いせ)神宮の経営する図書館。伊勢市倉田山にある。その起源は、度会延佳(わたらいのぶよし)などが1648年(慶安1)に創設した豊宮崎(とよみやざき)文庫と、宇治会合年寄(としより)が1686年(貞享3)に建てた林崎(はやしざき)文庫(初め内宮(ないくう)文庫と称した)にさかのぼる。両文庫には多くの大学者が来庫し、秘籍の献納も相次いだが、1907年(明治40)に当文庫の名のもとに統一された。伊勢神宮の所蔵する根本史料をはじめとして、神道(しんとう)、国史、国文関係の重要な典籍を蔵している点に当文庫の特色があり、蔵書数は24万冊の多きに達している。国宝『玉篇(ぎょくへん)』巻22、国重要文化財の『古事記裏書』『古事記上巻』『日本書紀私見聞』など貴重な書400余冊がある。また旧久邇宮(くにのみや)下賜本、近世の神宮考証学の面で名高い御巫清直(みかんなぎきよなお)の退蔵(たいぞう)文庫、塩業関係史料として知られる御塩殿(みしおでん)文書などまとまりある文書・書籍は少なくない。[中西正幸]
『神宮文庫編『神宮文庫図書目録』(1922・神宮司庁) ▽神宮文庫編『善本写真集』(1958・神宮司庁)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神宮文庫の関連キーワード三重県伊勢市神田久志本町宣教師追放令三重県伊勢市伊賀惣国一揆荒木田末寿嘉辰令月足代弘訓妙貞問答中西信慶古記録国文国史

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android