コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神宮文庫 じんぐうぶんこ

5件 の用語解説(神宮文庫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神宮文庫
じんぐうぶんこ

伊勢神宮付属の図書館。伊勢市倉田山にある。神宮の旧記をはじめ神祇,文学,歴史,法制などの書籍約 24万冊を所蔵。 1873年創設,1906年現在名に改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんぐう‐ぶんこ【神宮文庫】

三重県伊勢市にある伊勢神宮所属の図書館。明治44年(1911)内宮の林崎(はやしざき)文庫と外宮(げくう)宮崎文庫を統合して開設。約24万冊を収蔵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

神宮文庫【じんぐうぶんこ】

伊勢市にある伊勢神宮付属の図書館。起源は奈良時代にさかのぼるが,現在のものは,伊勢内宮の林崎文庫(江戸初期創設)の蔵書を基礎に1873年創設された。1906年以降神宮文庫と称し,1911年外宮の豊宮崎文庫(江戸初期創設)を合わせ,1925年書庫,閲覧室などを新築。
→関連項目発心集

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じんぐうぶんこ【神宮文庫】

伊勢神宮司庁所管の図書館。内宮・外宮所蔵の古記録および図書に林崎文庫その他を合わせ、蔵書数二四万余。国史・国文の貴重資料も多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神宮文庫
じんぐうぶんこ

伊勢(いせ)神宮の経営する図書館。伊勢市倉田山にある。その起源は、度会延佳(わたらいのぶよし)などが1648年(慶安1)に創設した豊宮崎(とよみやざき)文庫と、宇治会合年寄(としより)が1686年(貞享3)に建てた林崎(はやしざき)文庫(初め内宮(ないくう)文庫と称した)にさかのぼる。両文庫には多くの大学者が来庫し、秘籍の献納も相次いだが、1907年(明治40)に当文庫の名のもとに統一された。伊勢神宮の所蔵する根本史料をはじめとして、神道(しんとう)、国史、国文関係の重要な典籍を蔵している点に当文庫の特色があり、蔵書数は24万冊の多きに達している。国宝『玉篇(ぎょくへん)』巻22、国重要文化財の『古事記裏書』『古事記上巻』『日本書紀私見聞』など貴重な書400余冊がある。また旧久邇宮(くにのみや)下賜本、近世の神宮考証学の面で名高い御巫清直(みかんなぎきよなお)の退蔵(たいぞう)文庫、塩業関係史料として知られる御塩殿(みしおでん)文書などまとまりある文書・書籍は少なくない。[中西正幸]
『神宮文庫編『神宮文庫図書目録』(1922・神宮司庁) ▽神宮文庫編『善本写真集』(1958・神宮司庁)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神宮文庫の関連キーワード皇大神宮豊受大神宮伊勢鳥居神宮司庁神都神宮徴古館三重県伊勢市宇治館町三重県伊勢市岡本三重県伊勢市中村町三重県伊勢市宮後

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone