中酒(読み)チュウシュ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐しゅ【中酒】

《酒に中(あた)る意》酒を飲みすぎて体調・気分がすぐれないこと。
食事をしながら飲む酒。また、茶の湯の会席で出す酒。
「―には古酒を、いやといふほど盛るならば」〈虎明狂・福の神

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうしゅ【中酒】

食事の時飲む酒。 「さて-には古酒を、いやと言ふほど盛るならば/狂言・福の神」
茶の湯の会席で、二献目に出す酒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐しゅ【中酒】

〘名〙
① 酒宴の途中。〔史記‐樊噲伝〕
② 食膳に供される酒。食事をしながら飲む酒。
※実隆公記‐文明一七年(1485)一〇月五日「今朝於東隣朝飡相伴、中酒及大飲仍令遅参了」
※虎明本狂言・福の神(室町末‐近世初)「さて中酒には古酒を、いやと言ふほど盛るならば」
茶の湯会席で出す酒。また、会席料理で飲む酒。
※咄本・醒睡笑(1628)三「古田織部の数寄に出さるるほどの物をば〈略〉中酒に座敷へ用ひられつる盃までもなべて人、織部盃といひふるる」
④ 食後に飲む酒。
※酒茶論(1576)「飯後飲、謂之中酒。古経曰、不酔不醒」
⑤ 酒を飲みすぎてあてられること。酒に中毒すること。
※内科秘録(1864)七「中酒は又傷酒とも云ふ〈略〉昏睡して人事を省せず」 〔李廓‐落第詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中酒の関連情報