古酒(読み)こしゅ

飲み物がわかる辞典「古酒」の解説

こしゅ【古酒】


長期間貯蔵して、熟成させた。日本酒についていうことが多い。日本酒の製造においては7月から翌年6月までを酒造年度とするが、普通、前年度以前に製造されたものをいう。ただし、近年は酒造が秋から冬に限らず通年行われる傾向があり、7月近くなって製造されるものもあるため、この基準は実情に合わない面もあり、この語について法令上定められた規定などはない。⇒新酒

くうす【古酒】


長期間の熟成を経た泡盛酒。「泡盛の表示に関する公正競争規約」では3年以上貯蔵したもの(蒸散分などを若い酒を足して補う「仕次ぎ」を行う場合には、3年以上貯蔵したものが総量の50%を超えるもの)と規定されている。◇「クース」とカタカナで書くことが多い。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「古酒」の解説

こ‐しゅ【古酒】

〘名〙
① (その年、蔵から出したばかりで殺菌のための火入れをしていないものを「新酒」というのに対して)火入れ後、一定の期間貯蔵して熟成させた酒。こうしゅう。《季・秋》
多聞院日記‐元亀二年(1571)九月晦日「転経院より瘧薬礼とて古酒〈一双〉」
② 一般に、長い間熟成させた酒。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典「古酒」の解説

くうす【古酒】


長期間の熟成を経た泡盛の古酒。「泡盛の表示に関する公正競争規約」では3年以上貯蔵したもの(蒸散分などを若い酒を足して補う「仕次ぎ」を行う場合には、3年以上貯蔵したものが総量の50%を超えるもの)と規定されている。◇「クース」とカタカナで書くことが多い。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「古酒」の解説

くう‐す【酒】

《多く「クース」と書く》泡盛古酒こしゅ。3年以上、かめで寝かせたもの。

ふる‐ざけ【古酒】

《「ふるさけ」とも》去年以前に仕込んだ酒。長い間貯蔵して熟成させた酒。こしゅ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳「古酒」の解説

古酒

三年以上熟成した泡盛。熟成して蒸発した分、若い泡盛を継ぎ足して活性化させる仕次ぎが古酒造りの伝統的製法。仕次ぎした場合も、全量の半分以上が三年以上なら古酒。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android