中野南強(読み)なかの なんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野南強 なかの-なんきょう

1799-1884 江戸後期-明治時代の武士,詩人。
寛政11年6月生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩士。近習,書物方助役をつとめた。篠崎小竹,広瀬淡窓(たんそう)に詩文を,安東節庵,牧園茅山(ぼうざん)に漢籍をまなぶ。維新後,漢学をおしえた。明治17年8月死去。86歳。通称は彦市。号は清渓。著作に「金蘭詩集」「藩中群英詩稿抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android