コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野重治詩集 なかのしげはるししゅう

世界大百科事典 第2版の解説

なかのしげはるししゅう【中野重治詩集】

中野重治の全詩集。1931年ナップ出版部より刊行されるが発禁。のちナウカ社版その他数種ある。筑摩版全集(全28巻)で74編収められたその詩は,人間の生の〈哀し〉さを歌った〈しらなみ〉など,同人誌裸像》時代の抒情詩22編,《驢馬》に発表した〈歌〉などの自己否定をテーマにした思想詩25編,プロレタリア文学運動の中で,抑圧とそれからの解放を歌った〈朝鮮の娘たち〉などの抵抗詩14編,転向退潮の時期に,諧謔をもって人間への信頼を表した〈古今的新古今的〉などの心境詩7編,その他に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なかのしげはるししゅう〔なかのしげはるシシフ〕【中野重治詩集】

中野重治の詩集。叙情詩、思想詩、抵抗詩など幅広い作品を収める。昭和6年(1931)ナップ出版部から刊行されるが、発禁処分となる。その後もいくつかの版が刊行されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中野重治詩集
なかのしげはるししゅう

中野重治の全詩集。1931年(昭和6)のナップ版は発禁、その後数種ある。その詩は、人間の生の哀(かな)しさを歌った「しらなみ」など『裸像』時代の叙情詩22編、『驢馬(ろば)』に出した「歌」など自己否定をテーマにした思想詩25編、プロレタリア文学運動のなかで、抑圧からの解放を歌った「朝鮮の娘たち」などの抵抗詩14編、転向と退潮の時期に、諧謔(かいぎゃく)をもって人間への信頼を表した「古今的新古今的」などの心境詩七編、その他に大別され、いずれもが日本語の深い味わいと強靭(きょうじん)で沈着なリズムを特徴とする。[満田郁夫]
『『中野重治詩集』(岩波文庫・新潮文庫) ▽亀井秀雄著『中野重治論』(1970・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中野重治詩集の関連キーワード中野 重治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android