丹青(読み)たんせい

精選版 日本国語大辞典「丹青」の解説

たん‐せい【丹青】

〘名〙
砂と青雘(せいわく)、すなわち赤の絵具の材料になる石と青の絵具の材料になる土。また、赤い色と青い色。丹碧
※類聚句題抄(11C中)渡水尋紅葉〈菅原定義〉「錦繍谷中踰岸至、丹青樹下遇林行」 〔周礼‐秋官・職金〕
② 転じて、絵具。絵具の色。また、絵具を塗ること。彩色。
※続日本紀‐養老五年(721)一〇月庚寅「其轜車霊駕之具、不鏤金玉、絵餝丹青
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一二「竟する所唯細民の膏血を丹青(タンセイ)したるものに過ぎざるなり」
③ (「たんぜい」とも) 絵画。また、絵を描くこと。
※明衡往来(11C中か)上本「而習丹青之業以来、不朝夕之恪勤」 〔漢書‐蘇武伝〕
④ 絵を描く人。画家。
※参天台五台山記(1072‐73)八「見嵩大師所持梵才三蔵真影。三蔵自作偈。小師徳嵩写予真讚。以偈答之。爾命丹青。絵予之相

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「丹青」の解説

たん‐せい【丹青】

赤と青。丹碧。
絵の具。また、彩色。「丹青の妙を尽くす」
《「たんぜい」とも》絵画。また、絵の具で描くこと。「丹青の技に長じる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「丹青」の解説

【丹青】たんせい

赤と青。絵具。絵画。まごころ。不変のもの。簡札。歴史の書。宋・文天祥〔正気の歌〕 皇路に當りては 和を含んでに吐く 時窮しては乃ち見(あら)はる 一一丹に垂る

字通「丹」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android