至尊(読み)しそん

精選版 日本国語大辞典 「至尊」の意味・読み・例文・類語

し‐そん【至尊】

〘名〙 この上なく尊いこと。また、そのものやその人。特に天子を敬っていう場合にも用いる。〔令義解(718)〕
正法眼蔵(1231‐53)行持下「かくのごとくなる大聖至尊、なほ師敕によりて身命ををしまざるは」 〔賈誼‐過秦論〕

しい‐そん【至尊】

〘名〙 「しそん(至尊)」の慣用読み
王城の護衛者(1965)〈司馬遼太郎〉「自分藩士のために当の『至尊(シイソン)』からお言葉のひとつも頂戴したかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「至尊」の意味・読み・例文・類語

し‐そん【至尊】

この上なくとうといこと。また、そのもの。
人生を万物中の―至霊のものなりと認め」〈福沢福翁自伝
天子。天皇
かしこくも―の御賞美を被り」〈鴎外・興津弥五右衛門の遺書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「至尊」の読み・字形・画数・意味

【至尊】しそん

天子。

字通「至」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android