至尊(読み)しそん

精選版 日本国語大辞典「至尊」の解説

し‐そん【至尊】

〘名〙 この上なくいこと。また、そのものやその人。特に天子を敬っていう場合にも用いる。〔令義解(718)〕
※正法眼蔵(1231‐53)行持下「かくのごとくなる大聖至尊、なほ師敕によりて身命ををしまざるは」 〔賈誼‐過秦論〕

しい‐そん【至尊】

〘名〙 「しそん(至尊)」の慣用読み。
※王城の護衛者(1965)〈司馬遼太郎〉「自分と藩士のために当の『至尊(シイソン)』からお言葉のひとつも頂戴したかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「至尊」の解説

し‐そん【至尊】

この上なくとうといこと。また、そのもの。
「人生を万物中の―至霊のものなりと認め」〈福沢福翁自伝
天子。天皇。
「畏(かしこ)くも―の御賞美を被り」〈鴎外・興津弥五右衛門の遺書〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android