コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世広長 くぜ ひろなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久世広長 くぜ-ひろなが

?-1546 戦国時代の武士。
久世長宣の父。下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)藩主久世家の祖。三河(愛知県)額田郡の豪族小野高広の子。母が足利将軍家の臣久世十郎藤原永次の娘だったことから久世を称した。徳川家康の祖父松平清康,父の広忠2代につかえ,戦功をたてた。天文(てんぶん)15年10月8日死去。通称は平大夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久世広長の関連キーワードアグリコラ(Georgius Agricola)足利義晴ペドロ=バウチスタ表千家クウェート宗教改革史(年表)黒田孝高黒田官兵衛孝高(よしたか)足利義輝千少庵

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone