コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世広長 くぜ ひろなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久世広長 くぜ-ひろなが

?-1546 戦国時代の武士。
久世長宣の父。下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)藩主久世家の祖。三河(愛知県)額田郡の豪族小野高広の子。母が足利将軍家の臣久世十郎藤原永次の娘だったことから久世を称した。徳川家康の祖父松平清康,父の広忠2代につかえ,戦功をたてた。天文(てんぶん)15年10月8日死去。通称は平大夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久世広長の関連キーワード久世長宣戦国時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android