久松喜世子(読み)ひさまつ きよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久松喜世子 ひさまつ-きよこ

1886-1977 大正-昭和時代の女優。
明治19年4月10日生まれ。大正4年舞台協会の本郷座公演で初舞台。芸名は椿東(しゅんとう)杉江。6年創立の新国劇にはいり,改名。沢田正二郎の相手役として活躍。島田正吾らをそだて,新国劇の母とよばれた。「瞼(まぶた)の母」のおはま役で昭和47年長谷川伸賞。昭和52年1月3日死去。90歳。東京出身。本名は岩本光。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android