コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢田正二郎 さわだ しょうじろう

9件 の用語解説(沢田正二郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

沢田正二郎

俳優・新国劇の創立者。号は柳蛙。滋賀県生。早大卒。坪内逍遙の文芸協会演劇研究所に第二期生として入所。のち島村抱月松井須磨子芸術座に参加するが須磨子と対立し脱退、新劇団を転々とした。大正6年新国劇を結成、苦闘の末『月形半平太』『国定忠治』等の剣劇の創始で大衆の絶大な人気を得る。また純創作劇曲も演じ成功を収め新国劇の全盛時代を築いた。昭和4年(1929)歿、38才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さわだ‐しょうじろう〔さはだシヤウジラウ〕【沢田正二郎】

[1892~1929]俳優。滋賀の生まれ。文芸協会芸術座を経て、新国劇を創立。剣劇で大衆的人気を博し、「沢正(さわしょう)」の愛称で親しまれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

沢田正二郎【さわだしょうじろう】

俳優。滋賀県生れ。早大在学中より新劇俳優を志して坪内逍遥文芸協会に学び,のち芸術座創立に参加したが,松井須磨子と衝突して脱退。1917年新しい民衆劇を目ざして劇団新国劇を創設した。
→関連項目秋田雨雀剣劇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢田正二郎 さわだ-しょうじろう

1892-1929 大正-昭和時代前期の舞台俳優。
明治25年5月27日生まれ。坪内逍遥の文芸協会をへて,島村抱月,松井須磨子(すまこ)の芸術座設立に参加。大正6年松竹の協力で新国劇を結成。剣劇に独特な殺陣(たて)をとりいれ,「国定忠治」「月形半平太」などで大当たりをとり,沢正(さわしょう)の愛称でしたしまれた。昭和4年3月4日死去。38歳。滋賀県出身。東京専門学校(現早大)卒。著作に「苦闘の跡」など。
【格言など】何処(いづこ)かで囃子の声す耳の患(やみ)(死の3日前にしるした画賛)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

沢田正二郎

没年:昭和4.3.4(1929)
生年:明治25.5.27(1892)
大正昭和期の俳優,新国劇の創始者。滋賀県生まれ。早稲田大学英文科卒業。在学中文芸協会演劇研究所の2期生として入所,初舞台をふむ。協会解散後島村抱月の芸術座に参加,「モンナ・バンナ」のプリンチバルレ,「闇の力」のニキータなどで認められたが松井須磨子と対立して脱退,大正6(1917)年倉橋仙太郎らと劇団新国劇を結成,大阪で初演した「月形半平太」「国定忠治」などの剣劇で人気を博した。民衆と共に歩む「演劇半歩主義」を唱え,熱のこもった演技と統率力で大衆劇壇に大きな地位を築いた。<参考文献>樋口十一『風雲児沢田正二郎

(藤木宏幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さわだしょうじろう【沢田正二郎】

1892‐1929(明治25‐昭和4)
俳優,劇団新国劇の創立者。滋賀県大津市に生まれ,東京で育った。早稲田大学在学中に坪内逍遥の文芸協会の研究生になり,《ベニスの商人》で初舞台を踏み,島村抱月・松井須磨子の芸術座創立に参加した。須磨子の相手役として《サロメ》のヨカナーン,《復活》のネフリュードフなどを演じたが,須磨子と対立して退座,新時代劇協会,近代劇協会に出演し,のちいったん復帰したものの,1917年4月再び脱退,倉橋仙太郎,金井謹之助,田中介二,渡瀬淳子ら同志とともに新国劇を結成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さわだしょうじろう【沢田正二郎】

1892~1929) 俳優。東京生まれ。早大卒。芸術座を経て1917年(大正6)新国劇を創立。「月形半平太」「国定忠治」などの剣劇もので大衆劇に新境地を開き、「沢正さわしよう」の名で親しまれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沢田正二郎
さわだしょうじろう

[生]1892.5.27. 東京
[没]1929.3.4. 東京
新国劇の創立者。早稲田大学英文科卒業。文芸協会の研究生になり,解散後,芸術座に参加。美術劇場,新時代劇協会を結成したりしたが芸術座に復帰。 1917年新富座で新しい国民劇を目指して新国劇を旗揚げ,失敗して関西に退き,剣劇と半歩前進主義を標榜する大衆路線で「沢正」の名を高くし,劇団の基礎を築いたところで急逝。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沢田正二郎
さわだしょうじろう
(1892―1929)

俳優。明治25年5月27日、滋賀県大津市に生まれる。父の死により3歳で東京に移る。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。在学中に坪内逍遙(しょうよう)の文芸協会に加わり、解散後は島村抱月(ほうげつ)の芸術座に参加するが、1914年(大正3)松井須磨子(すまこ)と衝突して退座。新時代劇協会、近代劇協会を経て、いったん芸術座に復帰するが、新劇のあり方に不満を抱き、1917年に松竹の支援で、より広範な大衆に親しまれる新しい国劇を目的とする新国劇を結成。同年4月新富座での旗揚げ公演は興行的に失敗したが、関西に下って苦闘し、スピーディーな殺陣(たて)を創案、その剣劇が大衆に受け、「沢正(さわしょう)」の愛称で人気を得た。新国劇は結成1年半で座員120名の大劇団となり、1921年には明治座に東上、以後浅草を中心に公演を続けた。彼は「右に芸術、左に大衆」をモットーとする半歩前進主義を唱え、『月形半平太』『国定忠治(くにさだちゅうじ)』、『大菩薩峠(だいぼさつとうげ)』の机龍之助(つくえりゅうのすけ)、『白野弁十郎(しらのべんじゅうろう)』などを当り役とする一方、山本有三作『嬰児(えいじ)殺し』や『罪と罰』など外国劇も手がけた。才気と精力みなぎる風雲児として活躍したが、昭和4年3月4日中耳炎により36歳で急逝した。[藤田 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の沢田正二郎の言及

【芸術座】より

…1918年,抱月が急死,翌年須磨子が自殺したために解散に至るが,東京の本公演は14回におよんだ。この劇団から新国劇の沢田正二郎が出ている。(2)第2次は,1924年(大正13),第1次の芸術座の舞台に子役で出ていた水谷八重子の義兄水谷竹紫(ちくし)が,妹の劇団名として継承,八重子が新派に加入する以前に,おもに東宝系の劇場に,この名称で出演していた。…

【剣劇】より

…俗に〈ちゃんばら〉ともいわれた。1918年(大正7)ころ〈新国劇〉の創始者沢田正二郎が新しい国民大衆劇樹立を意図して進んでいるうちに,《月形半平太》《国定忠治》などの剣闘場面で写実的な緊迫感のある立回りの手を案出し,それが大阪の大衆に迎えられて新国劇の躍進はめざましくなるとともに,剣をふるう人物を主役にした脚本が相次いであらわれて〈剣劇〉の名がつけられた。その後〈剣劇映画〉の名が起こったように時代劇映画への影響は大きく,阪東妻三郎,大河内伝次郎,林長二郎(長谷川一夫),市川右太衛門,片岡千恵蔵らが剣劇映画俳優として人気を呼んだ。…

【新劇】より

… 外国劇の作品紹介的な上演活動では劇団の自立性も経済基盤もつくれず,離合集散を重ねる新劇団活動のなかで,大衆的娯楽性の獲得による経済基盤の確立と芸術性追求の実験的小劇場公演の“二元の道”をとることによって,劇団の自立と持続をはかったのが,文芸協会解散直後の13年9月にメーテルリンク作品で旗揚げした島村抱月・松井須磨子主体の芸術座であった。沢田正二郎らも参加した芸術座第3回公演のトルストイ作《復活》上演(1914年3月)において,抱月は中山晋平作曲の《カチューシャの唄》をカチューシャ役須磨子の歌う劇中歌として挿入し大当りをとって全国巡演を可能ならしめた。こうして経済基盤をつくり,新劇の大衆的普及と芸術的研究上演の二元体制を同時進行させる劇団体制をつくりだしたものの,18年冬,抱月は急逝し,翌19年正月,須磨子は抱月の後を追って縊死を遂げ,第1次の芸術座活動は終わった。…

【新国劇】より

…劇団名。1917年4月,芸術座を脱退した沢田正二郎を中心にして,倉橋仙太郎,金井謹之助,田中介二,渡瀬淳子らによって結成された。東京新富座での第1回公演に岡本綺堂,松居松葉(しようよう)の戯曲を上演したが,興行的には不調に終わり関西に去った。…

【長谷川伸】より

…以後《沓掛時次郎(くつかけときじろう)》(1928),《瞼の母》,《一本刀土俵入》(1931)など股旅物の戯曲や《虹蝙蝠(べにこうもり)》(1930‐31),《刺青判官(ほりものはんがん)》(1933)などの時代小説で一時代を画す。とくに股旅物は沢田正二郎らの上演によって好評を博し,大衆文芸に新風をまき起こした。これはまた映画,歌謡曲といった分野まで及んだ。…

※「沢田正二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沢田正二郎の関連キーワード額田六福柳宗悦剣劇島田正吾辰巳柳太郎創始者の原理大友柳太朗香川桂子久松喜世子第二新国劇

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢田正二郎の関連情報