コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辰巳柳太郎 たつみりゅうたろう

4件 の用語解説(辰巳柳太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辰巳柳太郎
たつみりゅうたろう

[生]1905.4.20. 兵庫
[没]1989.7.29. 東京
俳優。本名新倉武一。画家志望であったが俳優になり,1927年宝塚国民座から新国劇へ入った。新国劇の創立者沢田正二郎の急死後,風貌が沢田に似ていたことから大部屋より抜擢され,先輩の島田正吾とともに同座の二本柱となり,その維持,発展に尽した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たつみ‐りゅうたろう〔‐リウタラウ〕【辰巳柳太郎】

[1905~1989]俳優。兵庫の生まれ。本名、新倉武一。豪放な芸風で、島田正吾とともに新国劇を支えた。当たり役は「国定忠治」「月形半平太」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辰巳柳太郎 たつみ-りゅうたろう

1905-1989 昭和時代の俳優。
明治38年4月20日生まれ。昭和2年沢田正二郎にあこがれ新国劇にはいり,辰巳吾作ついで柳太郎を名のる。4年沢田の急死後抜擢(ばってき)され,島田正吾とともに新国劇の隆盛につくした。当たり役は国定忠治,「王将」の坂田三吉など。また映画でも活躍。平成元年7月29日死去。84歳。兵庫県出身。本名は新倉武一。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辰巳柳太郎
たつみりゅうたろう
(1905―1989)

俳優。兵庫県生まれ。本名新倉武一。大阪の商業学校中退後、旅回りの一座に加わり、のち宝塚国民座に東吾作の名で加わったが、1927年(昭和2)沢田正二郎を慕って新国劇に入座。沢田の辰年、彼の巳年生まれにちなんで辰巳吾作と改名、さらに辰巳柳太郎を名のる。29年3月の沢田急逝後、無口で沈着な島田正吾に対して、明るく豪放な辰巳を組み合わせようという劇団の方針で大抜擢(ばってき)され、『国定忠治』『大菩薩峠(だいぼさつとうげ)』『宮本武蔵(むさし)』『無法松の一生』『王将』などを当り役に、島田とともに新国劇の興隆と存続に尽くした。[藤田 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の辰巳柳太郎の言及

【新国劇】より

…24年に金井,田中らが沢田の相手役として活躍していた女優の久松喜世子(きよこ)(1886‐1977)と対立して退団,翌年には渡瀬淳子が離れたが,高田保脚色《白野弁十郎》(《シラノ・ド・ベルジュラック》の翻案・脚色),真山青果《桃中軒雲右衛門(とうちゆうけんくもえもん)》などで大衆劇の新境地を開き,前進を続けた。しかし,29年3月4日に沢田が急死,劇団は一時,危機に見舞われるが,若い島田正吾(1905‐ )と辰巳柳太郎(たつみりゆうたろう)(1905‐89)の抜擢が功を奏して人気を呼び,引き続き劇界に確固たる地位を占めた。第2次世界大戦中は吉川英治原作の《宮本武蔵》などで切り抜け,戦後は北条秀司(ほうじようひでじ)(1902‐96)の《王将》《霧の音》などの名作を得て人気を保ってきたが,創立50周年を迎えたころから,大幹部の島田,辰巳の高齢化,若手の脱退で衰退にむかい,79年9月,株式会社新国劇は倒産。…

【月形半平太】より

…1919年(大正8)5月京都明治座で沢田正二郎が月形に扮し初演。以来,辰巳柳太郎ら新国劇のレパートリーの一つとなった。長州藩士の月形が勤王の大義のため身命をなげうつ筋に,芸妓染八との恋や立回りをあしらった大衆劇で,人物の性格・心理よりも事件を描いたメロドラマ性が大衆に喜ばれ,舞妓梅松に言う月形のせりふ〈春雨じゃ,濡れてゆこう〉が著名となった。…

※「辰巳柳太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

辰巳柳太郎の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府新興市場燃料棒レジ袋有料化

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

辰巳柳太郎の関連情報