久板 卯之助(読み)ヒサイタ ウノスケ

20世紀日本人名事典の解説

久板 卯之助
ヒサイタ ウノスケ

明治・大正期の社会運動家,アナキスト



生年
明治11(1878)年4月16日

没年
大正11(1922)年1月21日

出生地
京都府京都市木屋町

学歴〔年〕
同志社神学校中退

経歴
明治39年キリスト教の洗礼を受ける。牧師を目指して同志社神学校に入学するが、社会主義思想に触れ、中退後は牧場労働などに従事し、のち上京。売文社に出入りしながら雑誌社勤務をはじめ種々の労働をする。大杉栄の家に住んで共同活動をし、「労働新聞」の発行に協力。新聞紙法違反に問われて懲役5カ月に処せられた。大正8年ごろからは労働運動社や北風会に参加、また民衆芸術運動を標榜する黒耀会を結成した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

久板 卯之助 (ひさいた うのすけ)

生年月日:1878年4月16日
明治時代;大正時代の社会運動家
1922年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる