コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久次米兵次郎(9代) くじめ・ひょうじろう

1件 の用語解説(久次米兵次郎(9代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

久次米兵次郎(9代)

没年:大正2.3.3(1913)
生年:文政12.5.11(1829.6.12)
幕末明治期の阿波藍商,銀行家。阿波国(徳島県)名東郡北新居村の久次米家は,3代昌理が元禄11(1698)年に藍商として江戸出店を開設し,4代秀昌以降兵次郎をもって通称とした。5代兵次郎昌義が享保10(1725)年江戸材木商売を始め,以降同家は阿波藍と材木の商いで産をなし,徳島藩の藍行政にも参画した。本項の兵次郎は,9代義周であり,幼名国太郎といい,明治2(1869)年に家督を相続した。12年久次米銀行を設立して転進をはかる。同行の資本金50万円は当時私立銀行としては三井銀行に次ぐものであったが,明治10年代の拡張経営主義の破産と23年恐慌の打撃により崩壊を余儀なくされた。<参考文献>高嶋雅明「久次米銀行の分析―木材問屋の銀行経営―」(地方金融史研究会編『地方金融史論』),真貝宣光「阿波藍商の経営展開とその崩壊―久次米兵次郎家の場合―」(徳島地方史研究会編『阿波・歴史と民衆Ⅱ』)

(天野雅敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久次米兵次郎(9代)の関連キーワード観音寺遺跡阿波座阿波縮銀行家徳島大串竜太郎久次米兵次郎志摩利右衛門三木与吉郎(9代)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone