コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久録 きゅうろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久録 きゅうろく

?-1877ごろ 江戸後期-明治時代の陶画工。
鍋屋吉兵衛(なべや-きちべえ)に絵付けをまなび,師に似た作風の九谷(くたに)焼をつくる。慶応年間に九谷庄三(しょうざ)が彩色金襴手(きんらんで)の技法を創出すると,時流の「庄三風」にならって製作した。明治10年ごろ50歳余で死去。加賀(石川県)出身。本名は山田久六。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久録の関連キーワードおもなお雇い外国人西郷隆盛菊池大麓杵屋六左衛門オスロカナリスレヤードアーサーコレラコンドル

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone