コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗馬始 じょうばはじめ

1件 の用語解説(乗馬始の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうばはじめ【乗馬始】

武家時代の儀式行事の一つ。文字どおり初めて乗馬を試みる行事であるが,通過儀礼としての乗馬始と,年中行事としての乗馬始との二つに大別される。前者は著袴,涅歯(でつし),御判始などと同様,元服の儀と相前後して行われる。《吾妻鏡》によれば,鎌倉将軍九条頼嗣は1241年(仁治2)北条泰時の扶持によって3歳にして乗馬始を行っている。また足利義尚は1473年(文明5)4月10日9歳で乗馬始の儀を行った。その模様を《常徳院殿様御乗馬始記》にうかがうと,義尚を伊勢貞宗が抱いて馬に乗せ,貞宗と小笠原民部少輔が両脇に参り,また馬の両口には伊勢八郎左衛門と同左京亮がそれぞれ従い,馬場を3遍ほどうちまわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

乗馬始の関連キーワード御湯殿の儀式御湯殿始め判始め武家時代文字通り鎧親鎧着初め渡り初め差初め婿入り

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone