コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗馬始 じょうばはじめ

世界大百科事典 第2版の解説

じょうばはじめ【乗馬始】

武家時代の儀式行事の一つ。文字どおり初めて乗馬を試みる行事であるが,通過儀礼としての乗馬始と,年中行事としての乗馬始との二つに大別される。前者は著袴,涅歯(でつし),御判始などと同様,元服の儀と相前後して行われる。《吾妻鏡》によれば,鎌倉将軍九条頼嗣は1241年(仁治2)北条泰時の扶持によって3歳にして乗馬始を行っている。また足利義尚は1473年(文明5)4月10日9歳で乗馬始の儀を行った。その模様を《常徳院殿様御乗馬始記》にうかがうと,義尚を伊勢貞宗が抱いて馬に乗せ,貞宗と小笠原民部少輔が両脇に参り,また馬の両口には伊勢八郎左衛門と同左京亮がそれぞれ従い,馬場を3遍ほどうちまわった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

乗馬始の関連キーワード馬乗り初め

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android