コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九人会 きゅうにんかい

1件 の用語解説(九人会の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

九人会【きゅうにんかい】

朝鮮の文学者の集まり。1933年の創設以来参加者の出入りはあったが,常に構成員は九人であった。終始メンバーであったのは,李泰俊鄭芝溶であり,李孝石などが抜けた後に朴泰遠,李箱,朴八陽が入り,さらに欠員の補充として金裕貞,金煥泰が入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の九人会の言及

【李孝石】より

…京城帝大英文科卒後,鏡城農業学校,崇実専門学校で教鞭を執る。学生時代,プロレタリア文学の同伴作家として文壇に出たが,1933年を境に転換,純粋文学派グループ〈九人会〉に参加,自然と人間の愛欲相を精緻な文章で詩的世界に作り上げる短編作家として名をなした。作品には傑作といわれる《蕎麦の花咲くころ》(1936)をはじめ《豚》《粉女》《薔薇は病む》などがある。…

※「九人会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

九人会の関連キーワード衛氏朝鮮箕子朝鮮個体群社会増補文献備考李光洙集まり烏合会座仏会

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone