コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九人会 きゅうにんかい

百科事典マイペディアの解説

九人会【きゅうにんかい】

朝鮮の文学者の集まり。1933年の創設以来参加者の出入りはあったが,常に構成員は九人であった。終始メンバーであったのは,李泰俊鄭芝溶であり,李孝石などが抜けた後に朴泰遠李箱,朴八陽が入り,さらに欠員の補充として金裕貞,金煥泰が入った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の九人会の言及

【李孝石】より

…京城帝大英文科卒後,鏡城農業学校,崇実専門学校で教鞭を執る。学生時代,プロレタリア文学の同伴作家として文壇に出たが,1933年を境に転換,純粋文学派グループ〈九人会〉に参加,自然と人間の愛欲相を精緻な文章で詩的世界に作り上げる短編作家として名をなした。作品には傑作といわれる《蕎麦の花咲くころ》(1936)をはじめ《豚》《粉女》《薔薇は病む》などがある。…

※「九人会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

九人会の関連キーワードクイネ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android