入り(読み)イリ

デジタル大辞泉の解説

いり【入り】

外から、ある場所や社会などにはいること。「仲間入り」「楽屋入り
ある物の中にはいっていること。また、その分量やはいりぐあい。「客の入りがいい」「ユズ入り豆腐」
日や月がしずむこと。「日の入り
(「要り」とも書く)入用。入費。かかり。「物入り
収入。あがり。みいり。「入りが少ない」「入りのいい仕事」
ある時期・期間などにはいる最初の日。はじまり。「彼岸の入り」「土用の入り

はいり〔はひり〕【入り/×這入り】

《動詞「はい(入)る」の連用形から》
門から家までの所。はいいり。
「見にと来る人だにもなしわがやどの―の柳下払へども」〈和泉式部集・上〉
やっとはいれるくらい、きわめて狭いこと。
「さらでだにいぶせき―の小屋」〈咄・醒睡笑・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入りの関連情報