コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入り イリ

デジタル大辞泉の解説

いり【入り】

外から、ある場所や社会などにはいること。「仲間入り」「楽屋入り
ある物の中にはいっていること。また、その分量やはいりぐあい。「客の入りがいい」「ユズ入り豆腐」
日や月がしずむこと。「日の入り
(「要り」とも書く)入用。入費。かかり。「物入り
収入。あがり。みいり。「入りが少ない」「入りのいい仕事」
ある時期・期間などにはいる最初の日。はじまり。「彼岸の入り」「土用の入り

はいり〔はひり〕【入り/×這入り】

《動詞「はい(入)る」の連用形から》
門から家までの所。はいいり。
「見にと来る人だにもなしわがやどの―の柳下払へども」〈和泉式部集・上〉
やっとはいれるくらい、きわめて狭いこと。
「さらでだにいぶせき―の小屋」〈咄・醒睡笑・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

入りの関連キーワードネスカフェ スパークリング・カフェロッテ アーモンドチョコレートブラックニッカクリアハイボールエルモアポケットティシューカプリホワイトウォーター後の藪入り・後の薮入り雪印 ベビーチーズジンジャースナップグリッターグルー微に入り細を穿つビデオカセットやみつきササミスタディライン旬果搾り 爽感泥入り鳥の子プラムケーキ簾中入り立ちワイヤグラスMACHIバイライン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入りの関連情報