入り(読み)イリ

デジタル大辞泉「入り」の解説

いり【入り】

外から、ある場所や社会などにはいること。「仲間入り」「楽屋入り
ある物の中にはいっていること。また、その分量やはいりぐあい。「客の入りがいい」「ユズ入り豆腐」
日や月がしずむこと。「日の入り
(「要り」とも書く)入用。入費。かかり。「物入り
収入。あがり。みいり。「入りが少ない」「入りのいい仕事」
ある時期・期間などにはいる最初の日。はじまり。「彼岸の入り」「土用の入り
[類語](4費用掛かりついり目り用入用にゅうよう入費にゅうひ出費用度経費実費コスト雑費/(5収入所得入金収益実入り稼ぎ実収現収月収年収歳入定収インカム

はいり〔はひり〕【入り/×這入り】

《動詞「はい(入)る」の連用形から》
門から家までの所。はいいり。
「見にと来る人だにもなしわがやどの―の柳下払へども」〈和泉式部集・上〉
やっとはいれるくらい、きわめて狭いこと。
「さらでだにいぶせき―の小屋」〈醒睡笑・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android