コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李孝石 りこうせきYi Hyosǒk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李孝石
りこうせき
Yi Hyosǒk

[生]隆煕1(1907).2.23. 江原道平昌,蓬坪面倉洞
[没]1942.5.25.
朝鮮の小説家。号,可山。京城帝国大学英文学科卒業。在学中の 1925年『毎日申報』に発表した短編旅人』でデビュー,28年短編『都市と幽霊』を発表。 31年咸鏡北道鏡城農業学校教師,34年平壌の崇実専門学校教授となった。この頃から純文学派グループ『九人会』の旗揚げに参加するなど自然と人間本体の純粋性の探究に没頭,『豚』 (1933) ,『そばの花咲く頃』 (36) など朝鮮言語芸術の頂点といえる短編を創作した。ほかに中編『町の牧歌』 (37) ,長編『花粉』 (38) ,『碧空無限』 (40) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

李孝石【りこうせき】

朝鮮の小説家。号は可山。江原道生れ。日本による支配という逆境にあって彫琢された文章で詩的世界を作り上げた。代表作は《蕎麦の花咲くころ》(1936年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りこうせき【李孝石 (R)I Hyo‐sŏk】

1907‐42
朝鮮の小説家。号は可山。江原道出身。京城帝大英文科卒後,鏡城農業学校,崇実専門学校で教鞭を執る。学生時代,プロレタリア文学の同伴作家として文壇に出たが,1933年を境に転換,純粋文学派グループ〈九人会〉に参加,自然と人間の愛欲相を精緻な文章で詩的世界に作り上げる短編作家として名をなした。作品には傑作といわれる《蕎麦の花咲くころ》(1936)をはじめ《豚》《粉女》《薔薇は病む》などがある。【田中 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李孝石の関連キーワードイヒョソク朝鮮文学金達寿李泰俊

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android