コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李泰俊 りたいしゅんYi T'aejun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李泰俊
りたいしゅん
Yi T'aejun

[生]光武8(1904).1.7. 江原道,畝長面真明里
[没]?
朝鮮の小説家。号,尚虚。日本の上智大学に学んだ。 1920年代後半期から名文の小説家として認められ,文芸誌『文章』 (1939.2.~41.4.) の編集にたずさわり,カッププロレタリア文学潮流に対抗した「純粋文学派」を代表する作家となった。『不遇先生』 (32) ,『わびしい話』 (33) ,『からす』 (36) ,『福徳房』 (37) ,『寧越令監』 (39) などの作品がある。 45年の解放後ソウルから北朝鮮に入ったが,その芸術至上主義的傾向が批判され,53年に発覚したイム・ファ (林和) らのスパイ事件にも連座したものと思われ,以後の消息は不明。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

李泰俊【りたいしゅん】

朝鮮の小説家。号は尚虚。1930年前後,プロレタリア文学の退潮期に完成度の高い短編を発表し短編小説の美学を確立した作家として評価される。解放後は政治運動に身を投じ,ソ連紀行の後に北にとどまり,1950年代に批判されて後の消息は不明。
→関連項目九人会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りたいしゅん【李泰俊 (R)I Ta‘e‐jun】

1904‐?
朝鮮の作家。江原道鉄原出身。号は尚虚。1925年処女作《五夢女》発表後東京に渡る。上智大学中退。《不遇先生》《アダムの後裔》《愚菴老人》《福徳房》《寧越令監》など,主に没落した人間像美文によりスケッチ風に描く短編小説を得意とし,プロレタリア文学退潮後の文壇で注目された。その文学的基調は尚古趣味,センチメンタリズムと評される。1939年に《文章》誌の編集に携わり,解放後は民族文学再建を求めて朝鮮文学家同盟結成に参加,副委員長となるが,文学的には抑制を失うとともに形骸化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李泰俊
りたいしゅん / イテジュン
(1904―没年不詳)

朝鮮の小説家。江原道の生まれ。1920年代後半から創作生活に入り、プロレタリア文学運動の全盛期には鄭芝溶(ていしよう/チョンチヨン)、李孝石(りこうせき/イヒョソク)らと「九人会」を組織、純粋文学を旗印にカップ(朝鮮プロレタリア芸術同盟)と対峙(たいじ)したが、解放後は民主的民族文学樹立を目ざした左翼文壇の指導者の一人となる。解放後北朝鮮へ移り、朝鮮作家同盟委員長などの要職についたが、53年林和(りんわ/イムファ)事件に巻き込まれ粛清された。『鴉(からす)』(1935)、『福徳房』(1937)など優れた短編集のほか、日本の植民地下で朝鮮語および朝鮮文学を守る運動で画期的な役割を果たした雑誌『文章』の主宰者でもあった。[尹 學 準]
『大村益夫他訳『朝鮮短篇小説選』上下(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の李泰俊の言及

【文章】より

…1939年2月創刊。編集兼発行人は金錬万だが,実質的には作家の李泰俊が編集を担当した。27号という短い生命だったが,植民地下では《人文評論》(1939‐41)とともに最後の朝鮮語文学雑誌として朝鮮の近代文学史上画期的な役割を果たした。…

※「李泰俊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李泰俊の関連キーワードチョン・ジヨン(鄭芝溶)イ・テジュンイヒョソク名文

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android