コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九戸[村] くのへ

1件 の用語解説(九戸[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くのへ【九戸[村]】

岩手県北部,九戸郡の村。人口7727(1995)。北上高地北部の山村で,北西は二戸市に接する。北西端には折爪岳(852m),南部には平庭高原からつづく山々が連なり,中央を新井田(にいだ)川支流の瀬月内(せつきない)川が北流する。主産業は米,葉タバコ,酪農を中心とする農業で,近年は地域の特性を生かした高冷地野菜リンゴクルミなどの生産が盛ん。特にクルミは県内の8割を生産する。中世に当地を支配した九戸氏の菩提寺長興寺がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

九戸[村]の関連キーワードオーバル中1ギャップ宇土(市)宇土市の要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone