コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九戸[村] くのへ

世界大百科事典 第2版の解説

くのへ【九戸[村]】

岩手県北部,九戸郡の村。人口7727(1995)。北上高地北部の山村で,北西二戸市に接する。北西端には折爪岳(852m),南部には平庭高原からつづく山々が連なり,中央を新井田(にいだ)川支流の瀬月内(せつきない)川が北流する。主産業は米,葉タバコ,酪農を中心とする農業で,近年は地域の特性を生かした高冷地野菜,リンゴ,クルミなどの生産が盛ん。特にクルミは県内の8割を生産する。中世に当地を支配した九戸氏の菩提寺長興寺がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

九戸[村]の関連キーワードオーバル中1ギャップミリッジビル宇土(市)宇土市の要覧