コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九条光経 くじょう みつつね

1件 の用語解説(九条光経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九条光経 くじょう-みつつね

1276-? 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
建治(けんじ)2年生まれ。正和(しょうわ)4年参議となる。後醍醐(ごだいご)天皇にひきたてられ,元亨(げんこう)3年十余人をこえて権(ごんの)中納言にすすむ。辞任還任(げんにん)をくりかえし,建武(けんむ)新政のもとで建武2年権大納言に昇進したが,翌年出家。正二位。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の九条光経の言及

【恩賞方】より

…建武政府および室町幕府において恩賞事務を取り扱った役所。1333年(元弘3),建武政府の発足当初に洞院実世万里小路(までのこうじ)藤房,九条光経らを上卿とし,恩賞問題の審議機関として設置された。しかし,後醍醐天皇親裁による恩賞宛行(あておこない)と恩賞方の審議とは必ずしも連携せず,恩賞問題は混乱した。…

※「九条光経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

九条光経の関連キーワード世尊寺伊俊南北朝時代向阿吉野朝時代姉小路高基花山院長定三条実忠末兼鷹司基教冷泉定親

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone