九献(読み)クコン

デジタル大辞泉の解説

く‐こん【九献】

杯を三献(3杯)ずつ三度差すこと。祝儀などでの正式の作法。三三九度(さんさんくど)。
「も一つ参れ舅(しうと)殿、三三(さんさん)―重なれば、後は酒宴の余りにて」〈狂言記・吟じ聟〉
酒をいう女房詞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くこん【九献】

酒を三杯ずつ、三度さすこと。三三九度。 「三三-重なれば、後は酒宴の余りにて/狂言記・吟聟」
〔もと女房詞〕 酒の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐こん【九献】

〘名〙
① 杯を三献(三杯)ずつ三度さすこと。婚儀などでの正式の作法儀礼。三々九度の儀。また、そのような正式の作法にのっとった宴。
※本朝文粋(1060頃)三・立神祠〈三善清行〉「河魚析浪、薦九献於壇場
狂言記・吟聟(1660)「さんさん九こんかさなれば、のちはしゅゑんのあまりにて」
をいう女房詞。
※とはずがたり(14C前)一「世の常ならず白き色なるくこんを、時々願ふことの侍るを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android