九鬼 隆義(読み)クキ タカヨシ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「九鬼 隆義」の解説

九鬼 隆義
クキ タカヨシ


肩書
貴院議員

生年月日
天保8年4月5日(1837年)

出生地
丹波国綾部(京都府)

経歴
安政6年襲封し、三田藩主となる。一切の旧式を廃して人材登用に努め、白洲退蔵、小寺泰次郎を抜擢してそれぞれに藩政、財政を委ね、藩政改革を断行した。維新に際しては諸藩に先がけ帰農を奏請。明治2年三田藩知事に就任し、4年廃藩により免ぜられた。のち白洲、小寺らの意見により神戸に志摩三商会を設立し、実業に従事。神戸が開港されるとその発展を予測して土地を買入れ、巨財を築いた。

没年月日
明治24年1月24日

家族
義父=九鬼 精隆(三田藩主) 実父=九鬼 隆都(綾部藩主)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android