コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九鬼 くき

5件 の用語解説(九鬼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九鬼
くき

九木とも書く。三重県南部,尾鷲市東部の漁業地区。旧村名。急峻な紀伊山地が沈水したリアス湾入の奥にあり,かつては水運に頼ったが 1958年紀勢本線が通じた。南北朝時代から江戸時代にかけて勇名をはせた九鬼水軍発祥の地として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くき【九鬼】

姓氏の一。
[補説]「九鬼」姓の人物
九鬼周造(くきしゅうぞう)
九鬼嘉隆(くきよしたか)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くき【九鬼】

三重県尾鷲市の一地区。古くから海上路の要地。九鬼一族発祥の地。

くき【九鬼】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九鬼
くき

三重県南部、尾鷲(おわせ)市の一地区。旧九鬼村。熊野灘(なだ)九木(くき)岬の南、九鬼湾の北岸にある。南北朝時代以降九鬼水軍として名を馳(は)せた九鬼一族発祥の地という。古来海上交通の要地で、風待ち港として利用され、江戸時代には狼煙(のろし)場や外国船見張番所も置かれた。付近は豊かな漁場で鰤大敷網(ぶりおおしきあみ)が有名。1月には九鬼鰤祭りが行われる。半島の大部分は魚付林として保護された原生林で、県の天然記念物、また吉野熊野国立公園特別保護地区に指定されている。JR紀勢本線、国道311号が通じる。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の九鬼の言及

【尾鷲[市]】より

…三重県南部の市。1954年,尾鷲町と須賀利,九鬼,北輪内,南輪内の4村が合体して市制。人口2万5258(1995)。…

※「九鬼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

九鬼の関連キーワード三重県尾鷲市泉町三重県尾鷲市九鬼町三重県尾鷲市栄町三重県尾鷲市中川三重県尾鷲市中村町三重県尾鷲市港町三重県尾鷲市南浦三重県尾鷲市向井三重県尾鷲市矢浜三重県尾鷲市矢濱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九鬼の関連情報