コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九鬼 くき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九鬼
くき

九木とも書く。三重県南部,尾鷲市東部の漁業地区。旧村名。急峻な紀伊山地沈水したリアス湾入の奥にあり,かつては水運に頼ったが 1958年紀勢本線が通じた。南北朝時代から江戸時代にかけて勇名をはせた九鬼水軍発祥の地として知られる。大敷網によるブリ漁が主で,ハマチや真珠の養殖も行われる。九木神社樹叢は天然記念物吉野熊野国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くき【九鬼】

三重県尾鷲市の一地区。古くから海上路の要地。九鬼一族発祥の地。

くき【九鬼】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九鬼
くき

三重県南部、尾鷲(おわせ)市の一地区。旧九鬼村。熊野灘(なだ)九木(くき)岬の南、九鬼湾の北岸にある。南北朝時代以降九鬼水軍として名を馳(は)せた九鬼一族発祥の地という。古来海上交通の要地で、風待ち港として利用され、江戸時代には狼煙(のろし)場や外国船見張番所も置かれた。付近は豊かな漁場で鰤大敷網(ぶりおおしきあみ)が有名。1月には九鬼鰤祭りが行われる。半島の大部分は魚付林として保護された原生林で、県の天然記念物、また吉野熊野国立公園特別保護地区に指定されている。JR紀勢本線、国道311号が通じる。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の九鬼の言及

【尾鷲[市]】より

…三重県南部の市。1954年,尾鷲町と須賀利,九鬼,北輪内,南輪内の4村が合体して市制。人口2万5258(1995)。…

※「九鬼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

九鬼の関連キーワード兵庫県三田市屋敷町三重県鳥羽市答志町九鬼紋七(2代)戦鬼たちの海三重県尾鷲市十三歳の夏三田[市]綾部[市]九鬼隆寛九鬼隆律九鬼隆直九鬼副隆九鬼隆国九鬼隆久九鬼隆都九鬼隆備九鬼守隆九鬼隆一九鬼紋七九鬼隆祺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九鬼の関連情報