コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾燥血漿 かんそうけっしょう dried plasma

5件 の用語解説(乾燥血漿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾燥血漿
かんそうけっしょう
dried plasma

健康人の血漿を採血後 72時間以内に凍結し,そのまま減圧乾燥した保存血漿。輸血の代用として,ことにやけどや低蛋白血症に利用されたが,多人数の血漿を集めるので血清肝炎発生の危険があり,現在ではあまり使われない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんそう‐けっしょう〔カンサウケツシヤウ〕【乾燥血×漿】

血液から血球を除いて、あとの血漿凍結乾燥したもの。保存が利き、血液型に関係なく使えるが、血清肝炎の感染は防止できない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

乾燥血漿【かんそうけっしょう】

血液中の血漿成分を凍結乾燥したもの。生理的食塩水に溶解して使用。血漿増量剤として,輸血と同じように外傷や熱傷によるショックに対して使われ,特に保存と輸送の面で便利。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

乾燥血漿

 新鮮な血漿をフリーズドライしたもので,低タンパク質症の治療に用いる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんそうけっしょう【乾燥血漿】

採取した血液から血漿を分離して凍結乾燥したもの。使用時には1パーセントのクエン酸ナトリウム溶液に溶解して輸液とする。現在は使用されない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乾燥血漿の関連キーワード血漿プラズマフェレーシス緊急避妊法原爆症採血凍結速度フィッツの法則寒中コンクリート新鮮凍結血漿新鮮凍結ヒト血漿

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone