コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾燥血漿 かんそうけっしょうdried plasma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾燥血漿
かんそうけっしょう
dried plasma

健康人の血漿を採血後 72時間以内に凍結し,そのまま減圧乾燥した保存血漿。輸血の代用として,ことにやけどや低蛋白血症に利用されたが,多人数の血漿を集めるので血清肝炎発生の危険があり,現在ではあまり使われない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんそう‐けっしょう〔カンサウケツシヤウ〕【乾燥血×漿】

血液から血球を除いて、あとの血漿を凍結乾燥したもの。保存が利き、血液型に関係なく使えるが、血清肝炎感染は防止できない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

乾燥血漿【かんそうけっしょう】

血液中の血漿成分を凍結乾燥したもの。生理的食塩水に溶解して使用。血漿増量剤として,輸血と同じように外傷や熱傷によるショックに対して使われ,特に保存と輸送の面で便利。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

乾燥血漿

 新鮮な血漿をフリーズドライしたもので,低タンパク質症の治療に用いる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんそうけっしょう【乾燥血漿】

採取した血液から血漿を分離して凍結乾燥したもの。使用時には1パーセントのクエン酸ナトリウム溶液に溶解して輸液とする。現在は使用されない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

乾燥血漿の関連キーワード輸液

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android