コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低蛋白血症 ていたんぱくけっしょうhypoproteinemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低蛋白血症
ていたんぱくけっしょう
hypoproteinemia

血清蛋白の濃度が正常値以下になった状態。血清蛋白のなかでも,アルブミンが減少することが多い。内因性と外因性とがある。内因性のものは先天性無アルブミン血症,蛋白合成の低下,蛋白分解の亢進,体外への蛋白喪失などによる。外因とは蛋白の供給不足で,蛋白摂取量の低下,腸管からの吸収不全などによる。症状は浮腫,貧血,食欲不振慢性下痢,心機能低下などが生じる。原疾患の治療が基本であるが,血清蛋白量を上げるために,濃厚ヒトアルブミン,乾燥プラスマ,アミノ酸剤などの注射や輸血を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone