コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低蛋白血症(読み)ていたんぱくけっしょう(英語表記)hypoproteinemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低蛋白血症
ていたんぱくけっしょう
hypoproteinemia

血清蛋白の濃度が正常値以下になった状態。血清蛋白のなかでも,アルブミンが減少することが多い。内因性と外因性とがある。内因性のものは先天性無アルブミン血症,蛋白合成の低下,蛋白分解の亢進,体外への蛋白喪失などによる。外因とは蛋白の供給不足で,蛋白摂取量の低下,腸管からの吸収不全などによる。症状は浮腫,貧血,食欲不振,慢性下痢,心機能低下などが生じる。原疾患の治療が基本であるが,血清蛋白量を上げるために,濃厚ヒトアルブミン,乾燥プラスマ,アミノ酸剤などの注射や輸血を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android