亀井正夫(読み)かめい まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井正夫 かめい-まさお

1916-2002 昭和後期-平成時代の経営者。
大正5年4月20日生まれ。昭和14年住友本社にはいる。21年住友電気工業に転じ,48年社長,57年会長。労務問題の理論家として知られ,日経連副会長,関西国際空港会長,日本生産性本部会長をつとめる。58年国鉄再建監理委員長となり,国鉄の分割民営化を推進した。平成14年6月23日死去。86歳。兵庫県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android