コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀尾(読み)きび

百科事典マイペディアの解説

亀尾【きび】

韓国,慶尚北道中央部の工業都市。洛東江中流平野の稲作地帯だったが,当時の朴正煕大統領のお声がかりで,1969年から工業立国の先鞭をきって工業団地〈亀尾輸出産業公団〉が建設された。敷地10km2に電子・繊維工業など140余の工場が建ち,日本企業の進出も目立つ。若年女子労働者の多いことでも知られる。38万4000人(2005)。
→関連項目慶尚北道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きび【亀尾 Kumi】

韓国,慶尚北道中央部の都市。洛東江中流の平野に位置し,稲作地帯だったが,1969年,当時の朴正熙大統領の出身地として工業団地の建設が開始された。亀尾輸出産業公団は約10km2の敷地に電子・繊維工業を中心に140の工場が建ち,日本企業も多数進出している。78年に善山郡から分離して市に昇格したが,当初は若年の女子労働者が目立つ街であった。人口は80年の10万余から95年には30万4217へと急増している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀尾の関連情報