コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀屋四郎三郎(読み)かめや しろうさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀屋四郎三郎 かめや-しろうさぶろう

1815-1905 幕末-明治時代の殖産家。
文化12年生まれ。因幡(いなば)(鳥取県)智頭郡用瀬村の人。嘉永(かえい)6年(1853)佐々木吉五郎を山城(京都府)伏見に派遣して製茶業を視察させるとともに,6人の茶師をまねいて製茶をはじめる。その後も製法の改良,販路の開拓にはげみ,輸出への道をひらいた。明治38年6月死去。91歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android