コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀屋四郎三郎 かめや しろうさぶろう

1件 の用語解説(亀屋四郎三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀屋四郎三郎 かめや-しろうさぶろう

1815-1905 幕末-明治時代の殖産家。
文化12年生まれ。因幡(いなば)(鳥取県)智頭郡用瀬村の人。嘉永(かえい)6年(1853)佐々木吉五郎を山城(京都府)伏見に派遣して製茶業を視察させるとともに,6人の茶師をまねいて製茶をはじめる。その後も製法の改良,販路の開拓にはげみ,輸出への道をひらいた。明治38年6月死去。91歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀屋四郎三郎の関連キーワードルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府諾威

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone