コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事の心 コトノココロ

デジタル大辞泉の解説

こと‐の‐こころ【事の心】

事の意味や趣意。
「神代には、歌の文字も定まらず素直にして、―分きがたかりけらし」〈古今仮名序
内情。事情。
「この―知れる人、女房の中にもあらむかし」〈・柏木〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ことのこころ【事の心】

事の趣意。話の趣。 「対面して-とり申さむ/源氏 明石
事情。実情。 「かくて-知る人は少なうて/源氏 胡蝶

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

事の心の関連キーワード本居宣長(国学者、神道学者)不調法・無調法分く・別く清巌宗渭骨董集心配賭博芸気胡蝶分くらば趣意源氏

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事の心の関連情報