コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事の心(読み)コトノココロ

デジタル大辞泉の解説

こと‐の‐こころ【事の心】

事の意味や趣意。
「神代には、歌の文字も定まらず素直にして、―分きがたかりけらし」〈古今仮名序
内情。事情。
「この―知れる人、女房の中にもあらむかし」〈・柏木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ことのこころ【事の心】

事の趣意。話の趣。 「対面して-とり申さむ/源氏 明石
事情。実情。 「かくて-知る人は少なうて/源氏 胡蝶

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報